看護師転職 > 看護師の転職先を選ぶポイント

看護師の転職先を選ぶポイント

看護師の転職を成功させるために重要となるのが、転職先を選ぶ視点です。 転職をする際、求人案件の勤務形態や給与水準に注目するという方は多いのではないでしょうか?

しかし、それ以外の部分もしっかりとチェックすることで、事前にミスマッチや転職後に職場に対して不満を抱くという事態を防ぐことが可能となります。 そこで、このページでは看護師の転職先を選ぶポイントについて考えていきたいと思います。

まず、意外に見落としがちなのが転職先の「運営母体」です。 医療法人や企業、公的機関など、病院や医療施設を運営している母胎は多岐に渡ります。 また、運営母体が異なれば、運営方針や給与水準、給与体系や勤務形態、組織の雰囲気なども変わってきます。

例えば、元々公的機関が運営していた病院が、民間の医療法人に経営移譲した途端、病院内の勤務形態や給与水準、査定の基準などが一新し、その結果ほとんどの職員が離職する、といったケースも見受けられます。 これほどまでに、運営母体によって働きやすさや職場の雰囲気は変わってくるのです。

さらに、民間の医療法人であっても公的な機関・法人であっても、全国に医療機関を持つグループであるのか、特定の地域に根ざした法人であるのかなどによって、教育・研修システムや、組織風土、移動・転勤の有無などが変わってきます。

運営母体はしっかり調べる

転職先を検討する場合は、「運営母体はどこにあるのか」も、しっかりとチェックされることをおすすめします。また、転職先の人間関係も、転職後の働きやすさやテンションの維持に深く関わってきます。

運営母体によって特徴・傾向があるとはいえ、同じ運営母体にあっても、各職場によるカラーは確実に存在します。そして、そのカラーを作り出しているのは、他ならぬ人間であることを忘れてはなりません。

転職先を探す際には、転職を希望する病院や医療施設の内部情報を可能な限り収集し、人間関係は良好であるかどうか、人望の厚い上司や相談役が存在するかどうかも、できるだけ調べておくと安心です。

看護師のお役立ちサイト

看護師の求人支援サイトを比較したサイトです。求人活動中の看護師さんは必見です。
看護師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

鹿児島県看護協会は、保健師・助産師・看護師・准看護師が自主的に入会している看護 職能団体です。
公益社団法人鹿児島県看護協会